海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ニザダイの仲間 >

Izuzuki Diver

クロモンツキ

Acanthurus nigricauda

解説

クロモンツキ
2011年12月 大瀬崎 -5m

「今週の〇〇~!! 第452回 見かけ以上の生命力(2011-12-25)」より
コイツに出会ったのはこの写真を撮影する2週間前なのですが、そのときは身体にキズが多いし、背ビレも切れてて痛んでる印象だったんで、「もう持たないかなぁ」と思っていたのですが、2週間後もちゃんと健在で、むしろ2週間前にあったキズが治っててビックリ!!見かけ以上の生命力です。でも、新たなキズも増えてて、やっぱり痛んでる印象には変わりが無いのですが。。。(笑)

ニセカンランハギに似てるけど、エラ蓋上部に黒い斑紋があることと、5cmほどの体調で背ビレ臀ビレに縞模様が無いことからクロモンツキじゃないかと思い、神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能先生に聞いてみたらクロモンツキで良いとの回答をいただいたので、クロモンツキということにしておきます。

黒い体色しばらく観察してみると、気分によって(?)身体の色はめまぐるしく変わります。この写真はメインカットと同じ日に同じヤツを撮影したのですが、結構黒くなっちゃっています。
(2011-12 大瀬崎 -5m)

2週間若いときの写真メインカットの2週間前に撮影した写真です。身体にキズが多いし、背ビレも切れています。
(2011-12 大瀬崎 -5m)

クロモンツキyg2015年にもチビッコとの出会いがありました。
尾ビレの黄色みが強くて、パッと見はニセカンランハギなのですが、写真をよく見てみるとヒレにシマシマがないとか、エラ蓋上部に黒っぽいシミがあるとか、クロモンツキの特徴があります。
こんなヤツを見てしまうと、今まで多くのクロモンツキが、ニセカンランハギと混同されてたんじゃないかなぁ?と思わずにはいられません。
(2015-12 大瀬崎 -3m)

お勧め Watching Point

周りに南方系ニザダイの仲間がたくさんいてニザ銀座になってる浅場の岩礁にいました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!