海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > キンチャクダイの仲間

Izuzuki Diver

レンテンヤッコ

Centropyge interrupta

レンテンヤッコ
2007年6月 IOP(伊豆海洋公園) -18m

レンテンヤッコを始めとするヤッコの仲間は、警戒心の強いやつらで、普段からあまり中層などは泳がず、ダイバーと目が合うとすぐ岩陰などに隠れてしまいます。キレイな魚なんですが、写真のモデルとしてはあまりいい魚じゃないんです。何とかキレイに撮ってやろうと思って岩陰に追いつめてみたりもしましたが、岩陰でおびえた表情の魚を撮っても、いい写真が出来上がるはずもありません。絵にならないなぁ。

「今週の〇〇~!! 第153回 八丈ダイジェスト!!-ちゃんとかけてる(2003-07-01)」より
八丈島でレンテンヤッコの産卵に立ち会うことができました。あっさりした産卵ですが、コマ送りで見てみると♀が卵の塊を放出したあと、♂が体を翻しながら卵隗の中に(多分)放精してる様子がわかります。

レンテンヤッコ産卵1 レンテンヤッコ産卵2 レンテンヤッコ産卵3 レンテンヤッコ産卵4
♂が♀のお腹に鼻先を着けて上昇してゆきます。 ♀が出す卵は最初塊になってるんですね。 画像が悪くて♂の体勢がわかりにくいですが、体を翻して腹を卵隗に通してます。 ♂が臀ビレで煽った反動もあって、この後卵隗は見事に散ってゆきました。

動画はこちらから→レンテンヤッコの産卵(657KB)

レンテンヤッコそんなにオドオドしなくたって。。。。別に取って食やーしないのに。。。(^^;;

レンテンヤッコygIOPでは1年中オトナがその辺を泳いでますが、子供は会える年と会えない年があるように思います。IOPでも産卵はしているとは思うのですが、卵が孵化して子供が育つには条件があるのかもしれませんね。それとも、IOPでは産卵もしてないのかな?

「今週の〇〇~!! 第494回 見れなくても楽しいのです(2013-06-21)」より
レンテンヤッコの♂2013年最初のサンセット。久々のIOPにテンション上がりすぎの僕と友人は、狙いたいものが多すぎて困ったなどとのたまっていました。アイツの産卵を見た後、ソイツの産卵を見て、また時間があればコイツの産卵見て・・・と。。。で、結局いつものパターンでどれ一つ見ることはできなかったんだけど、モーソーを抱いて潜るだけでも楽しいのです。(^^)
写真は、最初に押さえるはずだったレンテンヤッコです。普段オドオド暮らすケントロピーゲですが、この時ばかりは♂がヒレ全開で♀を誘う姿が見れます。それだけで僕の頭の中はアドレナリン分泌しまくりなのです。(その瞬間は見入ってしまったため撮れていません・・・)(^^;;
(2013-06 IOP -20m)

レンテンヤッコのナズリング結局2013年のIOPサンセットでは最後の日にレンテンヤッコの産卵に立ち会うことが出来ました。(^^)v
前回ナズリングが始まる前にうっかりストロボを炊いたらそこで終わってしまったので、観察に徹したのが良かったのかもしれません。
この画像は、そのダメだった時のものです。(^^;;
(2013-07 IOP -20m)

お勧め Watching Point

伊豆にもいますが、小笠原や八丈島には桁違いにたくさんいます。
四国の柏島や奄美大島でも見れました。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク