海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> カサゴ・カジカの仲間>ミズヒキミノカサゴ

Izuzuki Diver

ミズヒキミノカサゴ

Pterois paucispinula

解説

ミズヒキミノカサゴ
2010年11月 大瀬崎 -18m

ミノカサゴの仲間はヒレが大きいモンだから、波の強いところは水の抵抗が大きくて苦手なのかもしれません。そのせいか、比較的穏やかな大瀬崎や富戸に比べて、波洗うIOPにはミノカサゴの仲間が少ないように感じます。
僕だって3週間ほど大瀬崎通いをした後、ヒサビサにIOPで潜ったときは、体が固定できなくて、全然思い通りに撮影できなくて、とってもイヤだったもの。。。

ネッタイミノカサゴと紹介していましたが、僕が伊豆で出会ったヤツラは全員ミズヒキミノカサゴに見えて来たので、とりあえずミズヒキミノカサゴってことにしておきます。

お勧め Watching Point

秋から冬にかけて、トサカなどのソフトコーラルに寄り添ってることがります。キリンミノより数は少ないです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!