海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カサゴ・カジカの仲間

Izuzuki Diver

ハナミノカサゴ

Pterois volitans

ハナミノカサゴyg
2013年6月 大瀬崎 -20m

ミノカサゴの仲間は、欧米ダイバーには人気のようですが、日本人ダイバーからはあまり人気がありません。日本人ダイバーにとってこの風貌は大味すぎるってのもあると思いますが、このシマシマと背中の丸味の組み合わせがお便所コオロギを彷彿させるからじゃないでしょうか?きっと欧米にはお便所コオロギはいないのでしょう。(^^;;

ハナミノカサゴのチビッコハナミノカサゴとかミノカサゴは、ハゼなど砂地の小さな生き物を撮ってると邪魔しに来るから忌み嫌っているダイバーも多いんじゃないでしょうか。でも子供は別、長くて綺麗なヒレでダイバーを惑わし(?)、カメラを向けられる存在になります。 こんな華奢だった子供があの図太い大人になる課程を追えたとしたら、ちょっと残念な気持ちを含みつつ、親戚の集まりでやたらと小さい頃の話をしたがる伯父伯母の気持ちがわかるのかもしれませんね。
(2005-02 IOP -16m)

成魚IOPでは定着しないことが多いけど、ド成魚に出会うこともあります。105mmレンズの画角に収まりきれないこの巨体で、いたいけな小魚に忍び寄る姿を見ると、ついつい間に割って入りたくなります。
(2007-06 IOP -10m)

ハナミノカサゴygチビッコは、パッと見Theミノカサゴのチビッコと似ている個体が多いですが、尾ビレに点々があればハナミノカサゴで良いみたいです。
(2017-08 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

ミノカサゴが砂地に多いのに対してこちらは岩場に多いように思います。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク