海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カレイの仲間

Izuzuki Diver

ナガレメイタガレイ

Pleuronichthys japonicus

ナガレメイタガレイ
2014年5月 大瀬崎 -19m

左ヒラメ右カレイと言うように、背ビレを上にした状態で左を向いてるのがヒラメで、右を向いてるのがカレイなのだそうです。ところが、サカナの名前ってのは結構いい加減なもので、ヒラメなのにカレイと付いてるヤツがいたりするし、ダルマガレイは左向きだし、シタビラメは右向きだったりします。名前つけた人は味で決めちまったんだろうか?
と、ここまで書いて思ったんだけど、人間にもたまに心臓が右にある人がいるくらいだから、右を向いたヒラメや左を向いたカレイもいるかも。

ナガレメイタガレイ(顔)目が飛び出してるのは、周りが良く見えてよさそうだけど、せっかく体が平らになってる意味がないじゃん。

ナガレメイタガレイygこんなチビには春に会えます。きっと貝殻のかけらのつもりなんですね。カレイの仲間を可愛いとはあまり思わないですが、やっぱりチビは別ですね。
(2005-04 大瀬崎 -8m)

以前からメイタガレイとナガレメイタガレイの違いがよくわからなかったので、とりあえずメイタガレイってことにしてましたが、身体にゴマ粒大の黒い点々があるのはナガレメイタでよさそうなので、ナガレメイタってことで。。。。

お勧め Watching Point

IOPでは砂場でたまに見かけます。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク