海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カレイの仲間

Izuzuki Diver

ヒラメ

Paralichthys olivaceus

ヒラメ
2016年6月 大瀬崎 -14m

ダイビングを続けていると、多少ゲテなヤツでも大抵のサカナは可愛く見えてくるから不思議です。でも、ヒラメに関しては、ダイビングを始めてからむしろ可愛くないサカナというイメージを強くしたサカナです。
まず驚いたのが顔の怖さ。鋭いは歯が並んだ顎は、噛み付かれたらかなり痛そう。。。(^^;
次に大きさ。せいぜい30cmぐらいだと思ってたから、座布団みたいにでかいのを見たときはビックリだった。。。(^^;;
そして一番びびったのはその瞬発力。ブリマチで1匹の大ビラメを見つけたとき、あまりに顔が怖かったので、怖い物見たさに近付いていったら、ヤツはいきなり猛ダッシュで僕の正面に突っ込んできた!!ぶつかる~<(>_<)>と思った次の瞬間、僕の鼻先で急上昇、頭をかすめて飛んでいってしまいました。クッ、食われるかと思った。。。(^^;;;

ヒラメの顔意外に凶悪な顔つき。噛まれたくはないですね。
(2010-12 大瀬崎 -17m)

ヒラメ(目)可愛いという言葉からは縁遠いヒラメですが、目の形はちょっと可愛い。

ヒラメ?ygこれはヒラメの子なんじゃないかと思うんですが。。。って、その前にどこにいるの~?って感じでしょうか?画面いっぱいに写ってるんですが。。。
今まで見たサカナの中で、最も完璧なスケルトンで、コイツを撮ってる僕の姿を見た知り合いのダイバーが、「アイツもついに気が狂ったか。。。」と思ったとか思わなかったとか。。。(^^;;

お勧め Watching Point

浅場から深場まで、砂地から切り立った根の上まで、あらゆるところで寝そべってます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク