海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のサカナ> ハゼの仲間>イトマンクロユリハゼ

Izuzuki Diver

イトマンクロユリハゼ

Ptereleotris microlepis

解説

イトマンクロユリハゼ
2018年11月 大瀬崎 -6m

伊豆にもイトマンクロユリハゼがいるって話は以前から聞いてたのですが、いつも眺めてるヒメユリハゼの群れの半分が実はイトマンクロユリハゼだったことは、長い間気付いていませんでした。気づいた時は、ショックでした〜。
イトマンって名前から伊豆には滅多に現れないモンだと勝手に思ってたし、見た目はヒメユリハゼよりはハナハゼに似てると何故か勝手に思い込んでたから、全く僕の予想とは違うところにいたワケです。
誰も騙してないけど騙された!!

胸ビレの付け根が黒いのが特徴です。ヒメユリハゼとは背ビレの形も違います。コイツは第1背ビレと第2背ビレが分かれてるけど、ヒメユリハゼは繋がってます。

イトマンクロユリハゼygクロユリハゼの仲間はチビッコのときは貧相なやつが多いけど、イトマンクロユリハゼのチビッコだけは、ヒレが黄色く輝いていてオトナとは違った美しさを持っています。その美しさが写真に撮るとこの程度になってしまうのがサミシイ。。。
(2008-10 大瀬崎 -6m)

お勧め Watching Point

ヒメユリハゼやゼブラハゼと一緒に泳いでました。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!