海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハタ・ハナダイの仲間

Izuzuki Diver

ヒノマルハナダイ

Plectranthias takasei

ヒノマルハナダイ
2004年12月 IOP(伊豆海洋公園) -53m

友人のH氏が初めてこのハナダイを見つけたのは、2000年の秋だったと思います。
ブリマチ@IOPの深場で変なイズハナダイを見たというので、撮れた?と聞くと、すぐに穴に逃げ込まれて撮れなかったとのことでした。H氏が言うには赤い斑紋が体の横に付いてたそうだけど、当時僕らが知ってるイズハナダイで、体の横に赤い点があるのは、オシャレハナダイ???
でも、「う~~~ん」とH氏。
オシャレハナダイとは印象がかなり違うようです。
ってことは、、、誰とも無く「ニシキハナダイじゃない?きっとハンパに婚姻色がでてたんだよ。」と言い出し、別の友人は「ミナミゴンベじゃないのぉ?深いところにもいるんだねぇ。」と追い打ちをかけたのでした。。。(^^;;
当然納得が行かないH氏は、その後2本をソイツのために費やすも撮れず、、、諦めて別のポイントに潜ったところでなんと3匹見つけ、無事に撮ることができたのでした。
全く素晴らしい粘り。。。
後にH氏は「あぶない、あぶない、あのとき映像が撮れてなかったらミナミゴンベにされちゃうところだったヨ。」と語っていました。
確かに。。。(^^;;

ヒノマルハナダイ初めて出会ったときの画像です。いる場所が深い&臆病ですぐ穴に入っちゃうってことで、このときまで僕にとってはなかなかお目にかかれない幻のサカナでしたが、友人のH氏がわざわざ島津さんから情報を聞いて、見せてくれました。多謝!!m(__)m
(2002-02 IOP -53m)

ヒノマルハナダイ普段は岩の上にちょこんと乗ってみたりして、まるっきりゴンベです。。

2016年12月に新種記載され、和名もニックネームだったヒノマルハナダイが付きました。(^^)
パプアニューギニアやパラオのそっくりなヤツは、別種だったのね~。

お勧め Watching Point

IOPの深場で。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク