海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カワハギ・フグの仲間

Izuzuki Diver

ミナミハコフグ

Ostracion cubicus

ミナミハコフグ
2003年11月 IOP(伊豆海洋公園) -4m

「伊豆の海でミナミハコフグのチビは定番の死滅回遊魚のように言われているけど、そのほとんどが実はハコフグのチビなんだよ。」って話を聞いたときは半信半疑だったけど、ある程度の大きさになっても黄色いままで青い点も出てない、「これはいくらなんでもミナミハコフグだろ~!」ってヤツに会ってしまうと、「今まで伊豆でこんなヤツには出会ったことはないなぁ~。」と気づかされずにはいられないのでした。

幼魚コイツは黒い点々の1つ1つが大きくて数も少ないから、ミナミハコフグのチビじゃないかと思います。なんか体型もやたら丸いんだけど、これもミナミハコフグの特徴なのかな?

ミナミハコフグ一時は伊豆で見かける黄色いサイコロはほとんどハコフグのチビなんじゃないかとも思いましたが、最近はやっぱりミナミハコフグのチビもたくさんいるんじゃないかと思えてきました。ホントのところはどーかな?
(2006-11 IOP -13m)

ミナミハコフグの着底直後の幼魚ミナミハコフグのチビッコといえば金色のサイコロみたいな姿が鮮やかで人気ですが、たまにコイツみたいにねずみ色のヤツがいます。きっと着底前の浮遊生活期の色なのでしょう。早く金色を身に着けて人気者になってネ
(2006-11 IOP -13m)

お勧め Watching Point

チビが現れる場所はハコフグと一緒なのかな?

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク