海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カワハギ・フグの仲間

Izuzuki Diver

マンボウ

Mola sp.

マンボウ
2002年12月 IOP(伊豆海洋公園) -40m

「今週の〇〇~!! 第127回 IOPでは嬉しい(2003-01-01)」より
大瀬崎でマンボウが出たと聞いても、「どーせ、もういないよ。」と決め付けてわざわざ見には行かず、クールを装ういずずきですが、潜ってて偶然出てくるとやっぱり嬉しい。IOPでは初めてだったし。。。
すぐ後ろをマンボウが泳いでいるのに気がつかないバディに向かって、思わず絶叫してしまいました。なんだ、意外と大物好きだったのね、自分。(^^;;

マンボウ'99年の春、大瀬崎はマンボウの当たり年でした。外海の一本松というポイントには、早朝から多くの人が集まって、ほとんどお祭り騒ぎ。僕も何度か通って、2回マンボウに遭遇することができました。特に2回目は間近で見ることが出来て、しかもダイバーに慣れてたおかげで、全然逃げなくなってました。常に目はこっちを見てたんだけどね。
同じころ、TBSの動物奇想天外という番組で、網にかかったマンボウを一時水族館に集めて、まとめて外洋にリリースする様子を流してたんですが、そのときなんと、マンボウが目を瞑るところが紹介されてました。。。。変な魚。(一部のサメを除いて、普通魚は目を瞑らない)

日本産魚類検索 全種の同定 第三版(東海大学出版会)に従って学名をMola molaからMola sp.に変更しました。えっ、Mola molaとは別種だったってことなんですね。

お勧め Watching Point

たくさんのダイバーが潜ってるせいもあると思うんだけど、大瀬崎でも目撃例がやっぱり多いんじゃないかな?

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク