海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ゴンベの仲間

Izuzuki Diver

サラサゴンベ

Cirrhitichthys falco

サラサゴンベ
1999年12月 IOP(伊豆海洋公園) -15m

もともと南方系の魚だから、伊豆ではそれほど見ないゴンベです。でも、伊豆にだっていることはいます。'99年の秋はIOPの2個所で見ることができました。僕が初心者のころ、伊豆大島でイントラに「サラサゴンベを見た!」といったら、「そんなのいるわけないじゃん?」みたいに言われたけど、いますよー。(^o^)
写真に奴は、1.5番の沖側にあるイソギンチャク岩にいた小さい方で、初めて会ったときは、2cmぐらいしかなくって、本当に可愛らしかった。でも、当時はまだダイバーにも慣れてなかったせいか、目が合った次の瞬間には海綿の中に隠れちゃって写真を撮るどころじゃなかったんです。そんなチビもぐんぐん大きくなって、この写真を撮ったときは自信も付いてきたのか、海綿の中までは逃げなくなってきました。
どこまで大きくなるか楽しみだけど、ある日突然姿を消しちゃうんだろーね。それを思うとサビシイ。。。けど、それが自然の厳しさなんだよね。

お勧め Watching Point

伊豆で僕が会ったのは、'98年に大瀬崎の柵下で1個体、'99年にIOPの2つのイソギンチャク岩でそれぞれ1個体ずつ、、、、それだけ。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク