海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > エソの仲間

Izuzuki Diver

ホタテエソ

Pseudotrichonotus altivelis

ホタテエソ
2004年8月 IOP(伊豆海洋公園) -32m

ホタテエソはエソという名前がついてるけど、実はエソ科の魚じゃないんです。確かに、良く見るとエソみたいに口裂きじゃないし、エソみたいに恐い顔してないし、エソみたいに寝そべってもいない。。。常に半身を起こした状態で周りを警戒しています。
ダイバーがホタテエソを見つけて近づくと、小さい背鰭をパタッ、パタッ、っと動かすんです。多分威嚇なんでしょうが、ダイバーには効きません。むしろ、威嚇した姿がかわいいので、ダイバーはさらに近づこうとします。そしてホタテエソの不快が頂点に達したとき、彼は瞬間移動するのでした。。。。
ぼくもホタテエソに瞬間移動されたことが何度かあって、それは、カメラの設定を変えようとしたり、バディに教えようとしたり、ホタテエソから目を離した一瞬のスキに行われます。指差した先に、何にもいないときはちょっと情けない気持ちになります。

ホタテエソのチビッコホタテエソはチビッコのときからキレイなサカナなんだけど、ダイバーの人気が今ひとつなのは、砂地をバックに撮影すると案外絵にならないからかもしれません。
(2008-12 大瀬崎 -43m)

お勧め Watching Point

IOPの深場や大瀬崎の深場で見ましたが、伊豆以外で見たことないです。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク