海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > アンコウの仲間

Izuzuki Diver

キアンコウ

Lophius litulon

キアンコウ
2001年5月 IOP(伊豆海洋公園) -32m

大瀬崎の魅力はいろいろあるけど、深海の生き物との出会いの多さも大きな魅力です。アンコウはいかにも深海っぽくてミステリアスな雰囲気がイイですね。

「今週の〇〇~!! 第44回 IOPにもキアンコウ(2001-05-02)」より
IOPのキアンコウ
キアンコウが見たければ湾内@大瀬崎に行くのが一番ですが、IOPにもときどき現れます。今年の春は富戸の定置網にもよく入ってて、どうも多い年みたいです。そしてIOPに現れるキアンコウは何故かm級のでかいヤツが多くて、大きさが違うせいか大瀬崎のキアンコウとは目つきも違うんです。本当に同じ種類なんだろうか?と思ってしまうけど、定置網に入ってるヤツはみんな口の中を見ても斑点が無いそうで、どうやらIOPにいるのもキアンコウのようです。
(2001-05 IOP -32m)

キアンコウの目こいつには大瀬崎の湾内で出会うことができました。目のアップを撮ってみたんだけど、写真が上がってみたら予想以上にきれいだった。(^-^)/
このときに一緒に潜ってた友人夫婦は、前の週にいまだ見ぬキアンコウの姿を追い求めて大瀬の湾内を5本も潜っておきながら、結局見られなかったということもあり、喜んでくれると思って教えたんだけど、反応は「・・・」だった。。。。なぜ?どうやらこの二人、揃ってチョウチンアンコウを想像してたらしく、実際のキアンコウはイメージが違ったみたい。。。それにしても、感動が薄い人たちだ。(--;;

アンコウの卵スズメダイが密集してたんで何があるのかと思ったら、みんなでアンコウの卵をバクバク食ってました。えっ!?アンコウの卵ってこんな無防備なの?
(2006-05 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

春先の湾内@大瀬崎が確率は高いですが、大きいヤツはIOPの方が見やすいかも。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク